中国のネット事情

steven_yu / Pixabay

中国のネット事情に関しての報告です。
すでにご存知の方も多いかと思いますが、日本で普通に使用できるSNSは中国のサイトでは使用できません。Facebook,Twitter,Line,Youtube等など。つまり、日本をはじめとして世界で日常的に使用されているSNSが中国では禁止されているのです。では、現在中国在住の自分が何故これらが使えるかと言いますと、VPNという中国のネットの規制を超えた技術を有料で使用しているからです。
どこのVPNを使用しているかはここでは述べませんが、このVPN提供会社にも中国政府の規制の手が伸びています。先月、通信ができなくなりVPNの会社に連絡して対策方法を伝授いただき、ことなきを得ましたが、こういったイタチゴッコが日常的に繰り返されているのが現状です。
では中国人はどういったSNSを使用しているのかを、世界で使用されているSNSとの比較で以下に示します。

Facebook ー   人人网(レンレンワン) Renrenwan
Twitter ー   微博(ウェイボー) Weibo
Youtube ー   优酷(ユーク) Youku
Line ー   微信(ウェイシン) Wechat
Google ー   百度(バイドゥ) Baidu
Netflix ー   搜库(ソウク) Soku

あと、動画を見るのにYouKu优酷(ユーク)やSoku 搜库(ソウク)を使って中国ドラマなどを見ることがあります。
また、私は日常の中国人とのコミュニケーションとして微博(ウェイボー)We Chatを頻繁に使っています。

面白いのは、微博(ウェイボー)We ChatやYouKu优酷(ユーク)は中国外でも自由に使えることができます。つまり、中国は欧米で発生したSNSは規制しながらも自国で開発したSNSは世界でOpenで使える状態なわけです。自分はVPNを使用して中国国内からはグローバルなSNSで発信し、中国では中国産のSNSで発信して、それこそ全世界に発信できる環境にあるということ。 別に自慢ではありませんが、全世界を相手にしています。 (笑)