IT関係, 中国, 自己紹介

TwitterというSNSなるもの始めて見たけど、シニアにとってはハードル高いか。

geralt / Pixabay

 

Twitterを開始した。
SNSの世界で著名なブロガーやTwitter民の意見を拾ってみる。
参考にしたのは以下のブロガーさん達。
るってぃー


あんちゃ
https://www.mazimazi-party.com/
二人とも若くて勢いがあります。

最初はつぶやきだから何でもよかろうと思っていたけど、そんなもん誰が見るねんってバッサリ。テーマを決めて誰に読んでもらいたいかという他者の利益を考えなくてはいけないとわかった。

これって、ターゲットユーザーを決めると言い換えればわかりやすいかも。
自分は情弱と言われるシニア層に向けて、ネットの世界にデビューしてもらいたくて、発信を促したいですね。仕事も辞めて家にいるシニアに与えられているのは膨大な時間。この時間を使ってバンバン発信してもらいたい。

発信そのものは簡単な作業だけれども、若い人のようなある意味勢いがなくてなんか躊躇することってあるんですよね。この躊躇ってどこから湧いてくるのかといえば、やっぱり人の目を気にする心理かもです。長くサラリーマンをやってきたとしたら、空気を読むとか、余計なことをやらないとか、今はやりの言葉を使えば忖度するとか言ったものですね。

でも、シニアって結構ひとの話も聞かないでべらべらしゃべる人多いです。
これは老化現象の一つのようですが、それを前向きにとらえてネットで発信すればどうなるかを想像してみたら、結構面白いかもと思う次第。

現在、フォロワー数は206名で、徐々に増えてきてますが、これからです。
1000人になるまで頑張れば、フォロワー数が加速するとブロガーさん達は言っています。 中国の写真の投稿を中心に発信してます。

作成者: Chris

1959年4月生まれ。海外在住のサラリーマン。生粋の日本人。 しかし北米、中国を渡り歩いた関係で、訳のわかんない人間になっている。 定年近しで次の人生をどうして行くか思案中。最近Macbookを購入した関係で、ブログ作成やプログラミングに興味が湧いてきた。現在、エックスサーバーを契約しWORDPRESSを使ったブログ作成に挑戦している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です