シニア

定年間際であると、どうしても手が出るこの手の本。

josemdelaa / Pixabay

この年になると、どうしても手が出てしまう定年関連本。
本の紹介や評価はAmazon Reviewに任せるとして、最近読んだ本に関しての全体の感想を述べたいと思う。

 

これら3冊は最近読んだものであるが、特に「終わった人」は映画化されて現在上映中とのことである。まあ、どの本も読後感の悪いこと。なんか敗北感というのを感じてしまうのよね。後味悪くて二度と読む気になれないなら、最初から買わないほうがよかろうというもの。

そして、これらの本の真逆にあると自分で位置づけた本がこれら。

ホリエモンはさておき、SNSの世界では超有名な「ゆうこす」や「あんちゃ」など20代の女の子の本。どれも読後感が気もちいいのである。前向きで明るく、夢があって元気をもらえます。年齢は関係ないですね。 ポジティブなシニアを目指して発信を続けたいですね。


にほんブログ村

作成者: Chris

1959年4月生まれ。海外在住のサラリーマン。生粋の日本人。 しかし北米、中国を渡り歩いた関係で、訳のわかんない人間になっている。 定年近しで次の人生をどうして行くか思案中。最近Macbookを購入した関係で、ブログ作成やプログラミングに興味が湧いてきた。現在、エックスサーバーを契約しWORDPRESSを使ったブログ作成に挑戦している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です