シニア, 行政手続き

定年後の手続き、一番重要なのは失業保険

TBIT / Pixabay

にほんブログ村テーマ シニア・中高年日記へ
シニア・中高年日記

 定年すること=失業すること。であり、サラリーマン時代は毎月何があろうと口座に振り込まれていた給与なるものがなくなることを意味する。

 それを、ある一定期間カバーしてくれる、素晴らしい仕組みが日本には存在する。
「失業保険制度」である。退職理由や社会保障費支払い期間によって、給付金額は異なるが、一般的に日本のサラリーマンは継続的に雇用されてきた人が大半であろう。

 自己都合退職、会社都合退職と分類されているが、定年退職はどちらに分類されるか調べると、この中間的なものであった。 
例として挙げられているのは以下である。

25歳/自己都合退職/月給25万円/3年加入

日額=5,331円 日数=90日

40歳/自己都合退職/月給40万円/15年加入

日額=6,666円 日数=120日

55歳/会社都合退職/月給50万円/30年加入

日額=7,775円 日数=330日

 この会社都合退職というのは、会社が倒産するなどの結構レアケースに相当し、これに当てはまる人は少数はだと思う。じゃあ、シニア60歳で定年退職といった場合は自己都合でもないようだ。この場合は、失業保険給付期間は5か月、150日ということになる。5か月の間で再雇用するなり、事業を始めて、あるいは年金を前倒しで受け取って生きていってくださいということだ。失業保険の給付を受けようとすれば、ハローワークに行って、求職活動の痕跡(つまり働く気がある)の証拠が必要であるし、自動的に受け取れるわけではなく、いささか面倒なステップを踏む必要がある。

 詳しくは、以下の投稿を参照されたし。

https://taisyoku-shitara.com/shitsugyo-003.html

 また、以前は失業保険給付期間における、起業活動は結構厳しかったわけであるが(つまり起業準備をしていると失業給付の対象からはずされる)働き方改革の一環として緩和されたようだ。ただしあくまで準備であり会社の登記などをやれば給付対象ではなくなる。 自分なりに行政と相談して慎重に進めないと、受け取れるものも受け取れなくなる。ここは注意したいポイント。

 5ヶ月という期間は長いようで短い。事前にしっかりと計画をたてて失業保険給付終了後の生活基盤を見据えた動きをとりたいものである。そのためには定年前からの調査検討をお勧めする。

よろしかったら下記ボタンをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

作成者: Chris

1959年4月生まれ。海外在住のサラリーマン。生粋の日本人。 しかし北米、中国を渡り歩いた関係で、訳のわかんない人間になっている。 定年近しで次の人生をどうして行くか思案中。最近Macbookを購入した関係で、ブログ作成やプログラミングに興味が湧いてきた。現在、エックスサーバーを契約しWORDPRESSを使ったブログ作成に挑戦している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です