SNSは結構シニアも利用しているとわかる調査。

LoboStudioHamburg / Pixabay

SNSを使用しているシニアの数って、たかが知れていると思っていたけど、この調査を見る限り、結構使っているじゃんって感じになります。

2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

さすがに80歳を超える私の母や義父はスマホそのものも使っていないので、SNSとは縁がないが、50代、60代は全然ユーザー数でも20代、30代に見劣りしていない。 FacebookやLINEは特にいい線いっている。さすがにInstagramやTwitterは若者との乖離が目立つが、理由も推定できる。

Instagramは最近伸びている写真を中心とした発信であり、どちらかと言えばファッション系、デザイン芸術系的な印象があって、すでにFacebookなどで発信しているシニアが新たに使い始めるとは考えにくいし、Twitterなどは、これで何するん?って疑問が生じる。これといった目的もなく不特定多数に自分をさらすのをシニアは嫌悪する傾向があるからですね。

LINEはなんかスマホに標準装備化している感じで、子供とのコミュニケーションツールとして使われているという意味で納得できます。私の女房もいろんなスタンプ使って子供や友達とコンタクトをとっています。私はLINEが中国で使えない関係で、コミュニケーションはVPNを通したSKYPEが中心になります。前の記事でも言いましたが、中国でLINEに相当するSNSとしてWechat(微信)があり、これがコミュニケの標準SNSです。

そう考えると、シニアに向けた発信に関して、少し工夫をすれば広がりは加速すると考えています。


にほんブログ村

投稿者: Chris

1959年4月生まれ。生粋の日本人。 北米、中国を渡り歩き、現在は日本にて株式投資に腰を据える。 日経レバレッジインデックス(1570)のスイングトレードを行いながら、日々レポートをしている。(最近では東証マザーズETF (2516)も物色) 今後は現物株の投資銘柄に関しても紹介してゆく。  マーケットがないときは趣味や日々の事に関して投稿してゆく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください